甘~い誘惑!スイーツパラダイスの魅力について!

女性の中には、甘いものに目が無いと言う人も多いようです。

また、甘いものは別腹だと、食事の後には必ずデザートを食べると言う人も中にはいるようです。

このような甘党の女性の場合には、スイーツの美味しいカフェやショップなどを、常に雑誌などでチェックしていると言う人も少なくありません。

そんな女性にも人気があるショップとして、最近ではメディアなどでも有名な、スイーツパラダイスがあります。

今回は、そんなスイーツパラダイスの魅力を、少しだけ紹介したいと思います。

スイーツだけで無く、軽食なども楽しめる!

スイーツパラダイスは、その名前の通りに、沢山の種類のスイーツが楽しめる飲食店ですが、スイーツ以外にも、パスタやピザ、カレーなどの簡単な軽食や、オレンジジュースやウーロン茶などのソフトドリンクなどもあります。

そのため、スイーツばかりでは無く、いろんなものが食べたいと言う人にもぴったりですし、昼食も兼ねて、一緒にデザートも楽しめます。

店内もポップで可愛く、女性が喜ぶ内装となっていますので、カップルでデートなどに利用するのもおすすめです。

いろんな種類のスイーツが楽しめる!

また、スイーツパラダイスには、季節によって変わるケーキなどもあります。

例えば、今の時期だと、梨とすだちの炭酸ゼリーや、キャラメルマロンマキアートタルト、紫芋のモンブランなど、季節の美味しいものを使って、見た目も華やかで可愛いケーキが多くあります。

季節のスイーツ以外にも、お馴染みのショートケーキやミルクレープ、見た目も可愛いフランボワーズのケーキやカップケーキなどのいろんなスイーツがありますし、コップのフチ子やあらいぐラスカル、進撃の巨人とのコラボメニューを開催している店舗もあります。

これらのアニメやキャラクターが好きだと言う人は勿論、甘いものが大好きなだと言う人なら、一度はスイーツパラダイスに行ってみてはいかがでしょうか?

甘いものが好きな人ならば、やはり一度は訪れてみたいスイーツパラダイス!

大人なら1530円でスイーツや軽食、ソフトドリンクを楽しむことが出来ます!

10年前に私が全身脱毛した時の話

10年前のことになりますが、脇下の永久脱毛をしました。

脇下の毛が濃く、剃っても青くてチクチクするので、それまでずっと自分で毛抜きで抜くのが大変でした。

かといってエステサロンに通うほど美しくもないので気が引ける。。

超過のお金もかかりそう。

ニードル式の永久脱毛は痛かった!

そこで有名な美容皮膚科へ行きました。

当時、皮膚科での脱毛はニードル式のみで、一回が1~2万円くらい。

レーザー脱毛よりも確実に永久脱毛ができるということでしたが、ものすごく痛い!

そして、費用が高い。

美容皮膚科なのでアフターケアは万全でしたが、一度毛穴が化膿して腫れ上がってしまったことでモチベーションががくっと落ち、数回で断念しました。

でも、施術した分だけ脇下の処理は楽になりました。

光脱毛が両脇3万円に♪

その後、光脱毛が両脇で3万円でできるという、脱毛がとても気軽にできる時代になりました。

田舎に嫁ぐ予定があって、都心部でサロンに通いやすいうちにと飛びつきました。

エステサロンは化粧品を買うなど追加のお金がかかると思っていたので、コースでの料金設定、アフターサービスがしっかり体系化していて評判の良いチェーンのお店を選びました。

永久脱毛でも毛の周期によって、また生えてくる箇所があるので、アフターサービスが何年あるかきちんと確認することは大切です。

そして、まず「お試し体験1000円」のようなサービスを利用しました。

はじめに設定料金やシステムを説明して下さり、コースになっているので一切追加料金がかかることはありませんでした。

安心して両脇コースに申し込みました。

最近では、全身脱毛料金も非常に安くなっており、以下の様な脱毛サロンが比較されているサイトなどを見ると驚くばかりです。

全身脱毛が一番安くてお得なサロンはどこ?料金を徹底比較!
全身脱毛が一番安くてお得なサロンはどこ?料金を徹底比較!

エステサロンは美にお金をかける美しい人たちの行く場所、という苦手意識もありましたが、普通に街を歩いているおしゃれが好きな素敵な女の人がいるだけで、美容室に行くのと変わらないんだなと思いました。

サロンは明るくて清潔で、お金をかけすぎてもなく好印象でした。

雑誌も揃っていてフリードリンクで待ち時間も快適でした。

施術は1人が機械を操作して、1人が脱毛箇所をケアするという感じで、2人ついてくれました。

チクチクする痛みはありましたが、ニードルの痛みよりずっと軽い痛みです。

それでも30分も続けていると辛いですが。

直接針を刺すよりも、術後の痛みも軽かったです。

効果は永久?

これだけ手軽で費用も安く済むのでは
やっぱり永久というわけにはいかないのかな?と思いましたが、10年たった今でも生えてこないのでとっても楽です!

ちなみにVラインもお試しで受けてみましたが、小さいショーツで施術してもらうのが恥ずかしくて申し込めず。

あのときやっておけばよかったなあと今でも思います。

40代のVラインはますます人前にさらしたくないですから。。

美容皮膚科でのニードル式脱毛と、美容サロンでの光脱毛の体験談を書きました。

脇下コースの感想です。10年後の経過も紹介します。

季節がシフトして行く時期に

紅葉から冬になる

11月は3日の文化の日を経て、冬らしさが感じられる時期という立冬になりました。

霜月という名称からして冬を思わせる時期ですが、文化の日みたいな祝日があるからには、暖かい空気も残ってるという自然の摂理でしょうね。

漢字では立つ冬と書いて立冬、春夏秋冬それぞれに立春や夏になる頃の立夏とか立秋がありますが、これを総称して24節気の四立(しりゅう)と言うんだそうです。

季節を辿ってみるのもよい学びや知識の物事があるものですね、季節風の木枯らしと凩というのもひとつです。

風はないけれど冬にシフトしていくひと降りが朝から、前日の予想気温だと15℃になっていたから明日はあったか支度と考えてタイツ履きしました。

ストッキングの20とか30デニールだとやゃと言う体感温度、50とか80デニールのタイツはこういう日でもいい機能性を発揮してくれます。

前日より3℃、少しずつのスライドですが2日前からすると8℃の気温差ですから、冬仕様のものを念入りとはいえ使ってみることに。

お部屋にも季節

厚手のタイツはほかほか、この季節にはこのスタイルがすごしやすくていいです。

外の気温は10℃少々でも室温はたぶん20℃前後なので、これくらいなら下着から足元やセーターと着込んで暖房はオフ、省エネ志向には好ましい環境です。

パソコンしながらコーヒー淹れてると室内にも秋から冬への風情、カレンダーにはお茶席のような湯飲みや和菓子のしつらえ、おはぎみたいな餡のお菓子などが描かれていました。

秋の紅葉前線はこの時期なので随分南下しているみたいですが、ぽかぽかと暖かないい日に風景みながら、お茶でもできたらいい時間になるなと思えます。

秋から冬時期で和菓子ならばお饅頭は1年中って感じですが、きんつばとか季節もので作った干菓子なんかがこのシュチュエーションにはぴったり。

秋の和菓子と検索してみたらモミジや旬の果物で柿の和菓子、いまごろなら観光地も人がまばら、景色も和菓子もいい季節とチョイスしておいて時間ができたら旅行してみたいです。

季節を表現する言葉は色々とあるものです。

季節が移りゆくというこういう時期には、ショッピングやスキンケアだけでなく古典的な知識を学ぶのもいいことですね。

自然の奥深さみたいなものが感じられます。

季節を思う万羽ツル

きれいな雄姿です

昼の気温は20℃前後で暖かいけれど、朝晩の空気には冬時期が近くなっているんだと感じます。

11月上旬だもの朝の最低気温も10℃少々なんてなる筈だし、この晩秋はむしろいつもよりあったか傾向だから、ゆっくり冬にシフトしてる様です。

昼の時間が暖かいと季節の区分は秋で、10℃を下まわる時期になれば初冬ですね、12月になったらウールのコートでも着込みましょう。

人間なら体感温度から衣類で体温調整し、空を飛ぶことのできる鳥類なら越冬できる地に飛来する季節、ツルが羽をのびのびとしながら空を飛ぶ姿はきれいで雄大です。

ネットニュースには1万羽以上のツルが鹿児島県に飛来したと載っていて、画像はこの話題ですから動画、本当に冬らしくなっているなと思える風景。

飛来したツルが1万羽を超えるとその数から「万羽ツル」と言うそうですが、季節の情緒ってこういうホンモノの風景のことを言うんですね。

動画の先頭画には3羽のツルが上空をゆったり泳ぐようにして飛んでいる、画像なのだけれど日本画のように美しい雄姿です。

いろんな種類のツル

動画を最初から鑑賞してみると休耕田のようなスペースにツル、ツルという感じ、この飛来したツルをちゃんと数えるので1万羽以上と書き込まれてあるんですが、ツルの種類も色々で数種が同じ地域で越冬するんですね。

ナベヅル1万3816羽にマナヅルが260羽、カナダヅル5羽とかクロヅルが3羽、もう一種のナベクロヅルが2羽で1万4086羽というから、感心するというのか感動的というのか「お~っ」なんて言葉になります。

日本で冬を越えるというからには北極に近い地域から飛んできたんでしょうね、このツルの越冬地域では毎年のこの時期に備えてツルの越冬環境を整えているんだとか。

ツルの寝床なんていうのも整備するみたいです、沢山の人が訪れる観光地でもあるけれど、飛来するからこそ自然なサイクルが守られているということですね。

飛んでいる姿には勇敢で力強さが感じられて、いつの時代でも変わらない風景があるのはいいことだなと感じます。

11月ですから年末とか年始には時間がありますが、画像見ているとツルは万年という縁起のよい感じがして心地いいです。

冬の訪れとなるからもう少し暖かな地域と飛べるならばどれ程よいことか、数千キロとか数万キロを飛び続けるタフな体力もあるといいな~って思います。

休日をまったり過ごすのも好き

急にお休みの日が決まったよ

今日はホントに久々に平日のお休みの日。

この前の休日出勤した日の代休です。

職場のみんなと予定を合わせて決めようって話になってたんだけど、なんか全然合わなくて、急な感じで決まったお休みの日なので、遠出はやめて近場で過ごすことにしました。

午前中からカフェに出かけて、ちょっとマダムな気分で休日ライフを楽しんじゃいました。

カフェは、ずっと気になっていたけど、入るのをどうしようか迷ってたところがあって。

小さな看板が出てるだけで、地下に続く階段を下りて行くんだけど、ちょっと勇気がいるから、そのカフェに行こうかとも思ったけど、やっぱりいつもの行きつけのお店にしました。

あのカフェいつになったら行けるかな。

いつものカフェで、まったり休日をエンジョイ!!

いつものカフェでは、もうすっかり常連なので、店員さんも「いらっしゃいませ」ではなく「あら、どうもこんにちは」っていう挨拶で。

今日は早い時間なんですねー、今日はお休みなんですよねーとか、少しお喋りしてからメニューを注文。

いつもはお得なセットを注文するけど、今日のブランチはプチ贅沢で単品プラス単品の注文。セットメニューにはない、アボカドとサーモンのサンドとアーモンドミルクのカフェオレ。

いつもより高いけど、お肌とか美容に良いってテレビで言ってた食材を3つも使ってるから自分へのご褒美ということで納得しようかな。

いつもはスマホだけど、ちゃんと本も読みます

いつもランチの時間はスマホ見てたら、あっという間に時間使っちゃうけど、今日はたっぷり時間もあるから、久しぶりに文庫本を読むことにしました。

駅からカフェまでの間にある小さな本屋さんで買った本は、本屋さんの前を通るたびに見ていた本。

店長さんのこだわりなのかな。

ずっと窓際に飾ってありました。

まだ半分しか読めてないけど、すっごい気になる。犯人誰なんだろう。読み始めて分かったんだけど、この本ミステリーだったのね。

内容とか全く見ないで買ったから知らなかったよ。

明日は仕事なのに、続きが気になって今日は眠れないかも。

急に決まったお休みの日に予定を入れようか迷ったけれど、たまには時間を贅沢に使って、いつものカフェに行って、まったりと過ごすことに決めました。

おすすめのソフトドリンク

私の好きな飲み物

私は食べるよりも飲むことが大好きなのです。

飲むといってもソフトドリンクばかりですが、拘りがあります。

飲み物は、読書をしながら、映画を観ながら、一息つきながら気軽に口にできるために日常においてかかせないリラックスアイテムとなっています。

手作りの飲み物から、インスタントの飲み物まで、私のお気に入りをご紹介します。

温かい飲み物にはリラックス効果があり、毎日何を飲もうかと選ぶこともまた楽しみです。

飲み物といえばコーヒー

大人の飲み物といえば、コーヒーが定番です。

私はお気に入りのインスタントコーヒーがあり、少々値段は高いのですが美味しいので何度もリピートしています。

インスタントコーヒーは粉を入れてお湯で溶かすだけなのでとても簡単です。

ブラックでそのまま飲むこともあれば、ミルクを入れたり、冷たくして飲むこともあります。

ブラックコーヒーは苦味があり、香り高く、充実感があるので少し空腹な時に飲んでいます。

温かいブラックコーヒーを飲むと、疲れが癒えて、空腹もおさまります。

苦味がすっきりとさせてくれ、眠気を吹き飛ばしてくれるのも嬉しいです。

カルシウム不足が気になる時は、ミルクを入れています。

酸っぱくてビタミンc豊富なレモン

500ミリリットル入っているレモン水の瓶を買い、何かを飲みたい時にお湯を入れて薄めて飲んでいます。

レモンの酸味がたまらず、甘くないジュースのようでお気に入りです。

ホットで飲むのも良し、冷たくしても美味しいし、はちみつを入れることもあります。

和風な梅干しスープ

和風のだしと、梅干しを入れて身体に酸味を取り入れることがあります。

酸っぱいものが食べたいなと思った時に、だしと梅干しをおわんに入れてお湯を注いで飲んでいます。

わかめやとろろなど、なんでも入れられるのでちょっとした具入りのお汁にもなり、栄養が摂取できます。

いずれも自宅でいつでも簡単に作れる美味しい飲み物です。

私が気に入っている飲み物を紹介しています。

インスタントもあれば手作り和風スープもあり、是非皆さんも参考にしてほしいお勧めドリンクです。

旦那のことが好きでたまらない

旦那のことが大好きでたまらない。自分でも病気かと思ってしまうほど。

そこで、旦那の好きな部分をまとめてみた。

外見が好き

背が高くて太ってなくて爽やかな感じ。服も派手じゃなく、私好みのセンスでほどよいおしゃれ。

でも穴の開いた靴下とかを気にせず履くところもいい。

顔は友人たちがイケメンだねと言ってくれる。

たぶん10人に7人はかっこいいと言ってくれるんじゃないいかなぁ。とにかく私のタイプ!

においが好き

旦那のにおいが大好きで、いつもくっついてはくんくん嗅いでしまう。

特に体臭があるわけじゃないのに、大好きでやめられない習慣だ。

なにかフェロモンでも出ているのかな?旦那にくっついていると、あったかくて安心して癒される。安眠効果がある。

旦那の胸元、首筋、わきのあたりのにおいを嗅ぐと安らぐ。

たまに旦那がいないときは、旦那の着ていた服をくんくんかいじゃったりする。私は変態かもしれない。

性格が好き

性格は穏やかで、優しくて、話も面白くて、ちょっと下品なところもあるけれど、誰からも好かれる性格。

悪いところがほんとに見つからない。私の気持ちを察するのがうまくて気配りもきく。

風邪をひいたら遠方からかけつけて薬を買ってきてくれたり、買い物の時はカートを押してくれ、荷物もいつも持ってくれる。

男としての出番を意識しているのか、高いところの物をとるのはもちろん、重い物、汚い物を扱う時なんかは率先してやってくれる。

ふざけることも好きで、いつも変なことを言ってきては笑わせてくれる。

おちゃめでかわいいところも好き。なんとなく考え方や趣味嗜好が私と共通する部分があり、わかりあえて楽だ。

恩を仇でかえすことは決してせず、義理堅く誠実。だから信用できる。

なんでもオープンにしてくれるので、秘密がなくていい。

頭がいい

有名大学を出ているのもあってか、頭がよい。

しかも努力家。いろんなことを知っていて尊敬できる。

とにかく好きなところがいっぱいありすぎて困る。

たまに喧嘩もするけれど、嫌いになるまでには至らない。絶対嫌いにはならないと思う。

こんなのろけ、誰も聞いてくれないだろうからここで吐き出してみた。

とにかく旦那の好きなところばかりを書いてみた。

これを読んだ人はうらやましくなって妬まれるかもしれない。

けれど、同じように旦那ののろけを聞いてもらいたい人には共感してもらえると思う。

猫を集めています

ゲームは好きではないのに

ねこあつめを始めたのは冬のある日でした。

ツイッターでねこあつめなる文言がホットワードに上がっていたのです。

ねこあつめとは?と初めて聞く言葉に夢中でググってしまいました。

実は私、自他ともに認める猫好きです。

しかし、今のマンションはペットの飼育は禁止のため、動画を観て楽しむ程度、少々寂しい思いをしていました。

もっとも、私はゲームが好きではありません。

ゲームアプリは入れたこともありませんでした。

ですが、ググってみたところ、ただひたすら猫が集まってくるのを待つだけ、だのそのほっこりさがまた良いだの、ねこあつめファンの多いこと。

とりあえず、ねこあつめアプリを入れてみることにしました。

ねこをあつめる

リアルの猫たちもそうですが、猫は気まぐれです。

昨日までお気に入りだったエサに見向きもしなくなったり、さっきまで遊んでくれくれと言っていたのに知らんぷりなどは日常茶飯事です。

ねこあつめはまさにその点を見事に表現していました。

しかも、課金をしなければ面白くないのがゲームだと思っていたのですが、ねこあつめに課金は必須ではありません。

私は課金をせずにまったりと猫を集めることを楽しもうと決めました。

そのために何が効率的か考えることにしました。

幸いにもネット上にはねこあつめ攻略なるものがいくつもありました。

しかし、ザッと見るだけにしました。

ねこをあつめるのが醍醐味であるこのゲームの旨みを自分で感じたかったからです。

ねこがあつまってきた

最初はこれでもかと何度も何度もアプリを立ち上げていました。

猫一匹いないこともありました。

しかし、そのうちにぼしが貯まってそれをグッズに変えていくたびにねこがあつまってきたのです。

初めてアスレチックEXにねこがわんさか乗っている姿を見た時には、ここだけの話ウルウルしちゃいました。

猫たちは自由に過ごして自由に帰って行きます。

朝起きた時にはいなくなっていて一度も会えない猫さえいます。

しかし、それはそれでまた楽しい、ねこあつめには飽きることはありません。

ゲームが好きではなかった私がひょんなことからねこあつめを始めました。

猫の習性を見事に捉えたねこあつめ、まだ一度も会えない猫もいます。

まだまだ飽きることはありません。

本を読むことのメリット

私は学校を卒業して社会人になった頃から、よく本を読むようになりました。

きっかけは、自分の語彙力のなさに呆れると同時に恐怖を感じたからでした。

恐怖とは何かというと、あるとき自分が喋っている内容や相づちが毎回同じようなものばかりだなと気付いたことです。

相手からすると私のような人間は底が浅い人間に見えるのではないか?と思ったのと、このまま歳を重ねたら何ともつまらない人間になりそうだと想像してしまったのです。

それから私はジャンルにこだわらず、色々な本を読むようになりました。

今ではすっかり読書にハマり、暇さえあれば活字を読む習慣が身につきました。

その結果、自分の中で色々と物を見る幅が広がったと思います。

そこで、私が考える読書をすることのメリットをいくつかあげてみようと思います。

語彙の数が増えて表現の幅が広がる

普段生活している中で、自分の言葉を意識することはあまりないかと思います。

いざ意識をしてみると、意外に多くの言葉を使っていないことがわかります。相づちなどは特にそうでしょう。

言葉に敏感な人には、適当に流しているのかなという印象を知らず知らずのうちに与えているかもしれません。

小説やサービスマナーなどの本を読んでおくと、相づちや説明する際の表現方法が増えて相手とのコミュニケーションが深まりやすくなります。

物の見方が増えて感情が制御しやすくなる

生活をしていく上では色々な場面を経験するでしょう。

そんなときに自分の感情に身を任せて対処してしまうとろくな事にはなりません。

歴史や自伝、心理学などの本を読んでおくと、自分の視点だけでなく相手の視点、第三者での視点など多方面の物の見方があると考えることができて冷静な判断が可能になります。

物を考える時間を一旦作る、というのは非常に大事なことだと思います。

雑談の幅が広がる

人と話をするときに、知識が豊富だと色々な人の興味の対象に共感できるようになります。

共感するというのは親密になる上では大事な能力の一つです。

自分にはあまり興味のないものでも、本を読むことで自分も興味の幅が広がり楽しみが増えることもあります。

読書は能動的な行為です。情報を得ようと自ら働くことは、決して無駄にはなりません。まずは自分の興味のあるものからでいいので、本を読んではいかがでしょうか?

本を読むことについてのメリットを自分なりに簡単に書いてみました。

ありきたりな内容かもしれませんが、改めて認識することも悪くはないでしょう。是非、一読してみて下さい。

新しい雑貨屋さんに行ってみた

新しい雑貨屋さんに行ってみた

今日はお休みだったので新しい雑貨屋さんに行ってみました。

いままで気にしていたんですが、アンティーク通りにあり、ちょっと行きづらい雰囲気だったんですよね。

今日は周りも遊びに行く日なので、人の出入りが多くてちょっとほっとしてお店を訪問することができました。

実際にお店はクロス等カワイイもので溢れていました。ピンクのキャンドルとかも可愛くて、思わず買ってしまいそうになりました。

親子でお揃いのエプロンとかもあっていいなぁって思ってしまいました。

ただ、無駄遣いはできないので購入はせずに帰ってきました。

クッションなんかのセンスはとてもよかったので、今度改めて人へのプレゼントでも選びにいってこようかなって思っている最中です。

ピンクを基調にしたインテリアで自分の部屋の参考にしたいなって思っています。

行けなかったところにも行ってみた

新しいお店に行くことができたので、かなり気分が楽になりました。

そこで、もう一件行きたい!と思っていたお店に出かけてみました。

そこも小道の中にいる小さなお店でお姉さんが一人で切り盛りしている感じでした。びっくりしたのはその値段!

ロンドンやフランスといったおしゃれなところから取り寄せているからなのか、1ユーロとかで買えるものは皆無でした。

カワイイものにあふれてはいましたが、すぐに買えそうなものはなくてそのまま帰ってきちゃいました。

あまり用事もないのにお店を冷やかすのはよくないなって思っているのですが、さすがに気合を入れないといけないなって思ってしまいます。

カードとかでも3ユーロ近いので、学生には辛いなって思ってしまいました。

何かと高いな〜って思うばかりなので、やはり日本には安くていいものが多いなって体感してしまいます。

早く日本に帰って良いものを購入したいです。

デパートとかに行って、キラキラしたものを見たいなって思ってしまうばかりです。

かなり日本が恋しくなる雑貨巡りになりました。

今日はお休みだったので、雑貨屋さん巡りをしてきました。

新しいお店やいままで行けなかったところに行けたのはよかったのですが、残念なことに手頃な品が見つからず、日本が恋しくなりました。